クラジミア感染の治療で処方される抗生物質

クラジミアの症状は感染してもほとんどの人が自覚症状がでずに、そのまま放置してしまうことが多く、そのため自分では気がつかないうちにパートナーにもクラジミアを感染させてしまっていることがあります。
このクラジミアとはクラミジアトラコマティスと呼ばれる病原菌に感染する性病の1つで、性器に発症するものと咽に感染する咽頭クラミジアがあります。
粘液接種や精液、膣分泌液などを介して感染するもので、完治すると再発はしませんが男女共に完治していないとお互いに移しあってしまうと言う厄介な感染症でもあります。
症状としては女性の場合は子宮の入り口にある子宮頸管に感染し、おりものが増えたり不正出血などが起こります。
そのままにしてしまうと卵管炎を引き起こしてしまったり、子宮外妊娠や不妊症の原因となってしまうこともあります。

男性の場合は排尿の際に軽い痛みが起こったり、尿道のかゆみや不快感などが起こりますがそういった症状が起こらないこともあります。
そのままにしてしまうと、前立腺炎や血精液症、夢精子症などを引き起こしてしまったり、症状が重い場合には精巣上体炎を起こすことがあり、とても強い痛みが起こります。

男女とも、オーラルセックスで咽に咽頭クラミジアを発症する場合もあります。
咽に発症すると咽が腫れて違和感を感じたり発熱、首のリンパが腫れるなどが起こります。

治療は基本的に抗生物質が用いられます。
特定の抗生物質を1週間から2週間服用しますが、咽に発症している場合にはもう少し長く服用することもあります。
このとき処方される抗生物質の種類はいくつかありますが一般的にはマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の中から患者の症状に適した旺盛物質が処方されます。